CFPの試験に合格するための情報

CFP資格は日本では、FPSBとの提携によって、日本FP協会が認定しています。 高度なFP技能を持ち、徹底して職業倫理を身につけたファイナンシャル・プランナー(FP)のみが持つ資格です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

CFP資格審査試験

CFPになるためには、CFP資格審査試験に合格しなくてはなりません。
この試験は、AFPになるための2級FP技能検定とは違い、日本FP協会でのみ行われます。
試験は、現在、年2回行われています。

CFP資格審査試験を受験するためには、AFPの資格を持っているか、もしくは協会が指定した大学院等での所定の過程修了者です。
試験第1日目においては20歳未満の人には受験資格がありません。

試験は、2日間に分けて行われます。
第1日目が、金融資産運用設計、不動産運用設計、ライフプランイング・リタイアメントプラニングの3科目です。
第2日目は、リスクと保険、タックス・プラニング、相続・事業承継設計の3科目。
試験時間は各2時間です。
合計6科目の合格でCFPの試験の合格となります。
1科目だけの受験でも、6科目まとめて受験でもかまいません。
科目別受験が可能です。
科目合格の場合は期限はありませんので、自分に合った受験方法を選ぶことが可能です。
ただし、CFP試験に全科目合格した日から起算して5年経過するまでにエントリー研修受講を修了しなければなりません。

CFP6科目合格した後、CFPエントリー研修を修了し、なおかつ、CFP試験合格前10年~合格後5年の間に実務経験が3年以上あって、はじめてCFP資格が認定されます。
実務経験が3年未満の場合、CFP認定教育プログラムの、みなし実務研修で講義2時間につき実務経験1ヶ月と換算されて、実務経験の期間とできます。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。