CFPの試験に合格するための情報

CFP資格は日本では、FPSBとの提携によって、日本FP協会が認定しています。 高度なFP技能を持ち、徹底して職業倫理を身につけたファイナンシャル・プランナー(FP)のみが持つ資格です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

CFPの合格率

平成19年11月に行われた平成19年度第2回CFP資格審査試験の結果は、全6科目合格は654名で、合格率は9.1%でした。
しかし、科目別に見ると、金融資産運用設計は合格者851名、合格率34.9%です。
不動産運用設計は合格者662名、合格率34.7%、ライフプランニング・リタイアメントプランニングは合格者が727名、合格率32.9%。
第2日目のリスクと保険は756名の合格で、合格率は33.4%、タックスプランニングは合格者896名、合格率40.7%、相続・事業承継設計の合格者は814名、合格率38.4%です。
全課目一括での受験者のうち合格者は23名で、合格率は6.9%でした。
なお、全科目合格者はホームページや日本経済新聞等で氏名公表されます。

このように、CFPは、全6科目を一度の試験で合格する人は少なく、科目合格を積み重ねて全科目合格を目指す人が多いことがわかります。
科目別に見ると、おおよそ1/3の合格率です。
CFPになるための試験は、AFPに比べて難しくなりますが、AFPでの勉強で基礎をしっかりつかんでいる人には、決して格段に難しい内容という訳ではありません。
逆に、AFPになるための試験とは違い、1回の試験で全ての科目を網羅せずに、科目ごとにしっかり勉強して試験に臨むことができるというメリットがあります。
しっかり勉強して、税制改正などの情報も得ながら、CFP目指してがんばってください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。