CFPの試験に合格するための情報

CFP資格は日本では、FPSBとの提携によって、日本FP協会が認定しています。 高度なFP技能を持ち、徹底して職業倫理を身につけたファイナンシャル・プランナー(FP)のみが持つ資格です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

CFPに求められる「4つのE」

CFPの資格は4つの要件(4E)に基づいて日本FP協会のライセンス認定が行われています。
ファイナンシャル・プランナー(FP)がファイナンシャル・プランニングを行う場合、顧客の家族の状況、資産状態などプライバシーに関わる情報が必要不可欠です。
それと同時に、プランは顧客の一生に関わる問題です。
そのため、ファイナンシャル・プランナーには高い職業的倫理観、その深い自覚が要求されます。
ファイナンシャル・プランナーとして認定されるためには、4つのEが必要となるのです。
4つのEとは、下記の4つを指します。

・教育(Education)
所定のFP教育カリキュラムの修了。
資格の維持や更新には継続教育による所定の単位取得が必要です。

・試験(Examination)
教育要件を満たし、学んだファイナンシャル・プランニングの内容を実際の場面で活用できるかどうか、その能力を評価します。
試験の合格は、実務の遂行において必要なレベルに達している証明となります。

・経験(Experience)
ファイナンシャル・プランナーには経験が必要となります。
CFPの認定者となるためには、CFP資格審査試験の合格とともに、エントリー研修、3年以上の実務経験が必要とされています。
そして、CFP認定者には2年ごとの更新が義務付けられています。

・倫理(Ethics)
教育、試験、経験の各要件を満たすと、日本FP協会が定める倫理規程の遵守に関する約定書に署名します。
ファイナンシャル・プランナーは専門知識も必要であると同時に、高い職業的倫理観の保持が必要不可欠であるからです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。