CFPの試験に合格するための情報

CFP資格は日本では、FPSBとの提携によって、日本FP協会が認定しています。 高度なFP技能を持ち、徹底して職業倫理を身につけたファイナンシャル・プランナー(FP)のみが持つ資格です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ライフプランニング・リタイアメントプランニング

CFP資格審査試験の6科目の1つが、ライフプランニング・リタイアメントプラニングで、ライフプランを作る上で必要な知識が要求されます。
社会の動向についても関心を持って、普段より情報収集しておくことが大切です。
団塊世代の大量退職問題や少子高齢化についても、関連する問題が試験で出題されています。
また、社会保険制度や手続きなど顧客からの相談に適切なアドバイスをするために、国民年金や厚生年金などの知識や計算能力も必要です。
教育費や住宅ローンについても、奨学金の種類やローン借り換えはどうすれば、一番有利なのかという判断も求められます。
電子マネーやクレジットカードやポイントカードなど、最近流通してきた新しい金融についての知識も試験では、出題されています。

また、介護保険の詳細や老人ホームを選ぶポイントなど、試験の範囲は多岐に渡ります。

ひとりひとりの顧客に合ったプランを提供するためには、最近の経済情勢を知り、制度改正の情報をいち早く把握しておくのがよいでしょう。
高額療養費などの計算は、試験に合格するためだけではなく、生活に密着した知識なので、自分自身のライフプランを立てたり、生活のうえでも役立ちます。

CFPとしての資格を得るためには、まずライフプランをしっかり立てるための多くの知識と、間違いない計算も必要なのです。
CFPだけでなくAFPの試験会場には、電卓を持ち込めます。
そのことは、ファイナンシャル・プランナーには計算問題もスムーズに間違いなく行えることが求められている、と言えます。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。