CFPの試験に合格するための情報

CFP資格は日本では、FPSBとの提携によって、日本FP協会が認定しています。 高度なFP技能を持ち、徹底して職業倫理を身につけたファイナンシャル・プランナー(FP)のみが持つ資格です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

タックスプランニング

タックスプラニングでは、所得税、個人住民税、個人事業税、法人税、法人住民税、法人事業税、消費税、国外所得と資産にかかる税金、ライフプランにかかる税金、収入形態とそれにおける税金、税金に関する最近の動向におきる情報収集などが、CFPとして、そして試験に出題される内容として知っておくべきことです。
所得税においては、10種類の所得の範囲、具体的な計算方法を理解していなければなりません。
そして人的控除と物的控除とがある所得控除の種類や金額などの理解が必要です。
年末調整や確定申告などで、必要な所得控除をしておかなければ、その年の所得税だけでなく、翌年の住民税額にも影響してきます。
そして、所得税の確定申告手続き、還付手続き方法の理解も必要です。
青色申告と白色申告の違いや修正申告や、その申告書や添付書類についても知っておかねばなりません。

個人にかかる税金だけでなく、法人にかかる税金についての知識も必要となります。
法人税のしくみだけでなく、会社法の知識、法人の決算書の読みこなしと説明などもできなければなりません。

消費税においても、課税対象、納税義務者や納税地、申告や納付の期限などの知識も必要です。

不動産賃貸経営者・医師・農家など職業によって違う収入形態における税金のあり方の知識も大切です。

ライフプランにおいては、就職・自動車購入によって起きる税金の理解、病気になったときの医療費控除、出産費用や児童手当に対する税金の取り扱い、住宅借入金等特別控除など特例についての理解、障害者に対する所得控除・マル優制度などの知識も大切です。

CFPとしても、生活者としても税金の知識は、切っても切り離せません。
試験のためだけでなく、お金を有効に利用するために税金の知識をしっかり身につけてください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。