CFPの試験に合格するための情報

CFP資格は日本では、FPSBとの提携によって、日本FP協会が認定しています。 高度なFP技能を持ち、徹底して職業倫理を身につけたファイナンシャル・プランナー(FP)のみが持つ資格です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

青色申告の特典

青色申告には、いくつかの特典があります。

・青色申告特別控除
不動産所得と事業所得を生じる青色申告者は、正規の簿記(一般的には複式簿記による記帳)に基づいた貸借対照表と、損益計算書を確定申告書に添付して提出することで、これらの所得に対して最高65万円が控除されます。
この控除は、不動産所得・事業所得の順です。

それ以外の青色申告者と、山林所得の青色申告者は10万円の控除となります。
こちらの控除は、不動産所得、事業所得、山林所得の順です。

・青色事業専従者給与
青色事業専従者とは、生計を一にする配偶者、またはその他親族で、その年の12月31日現在15歳以上、その年を通じて6ヶ月を超える期間、青色申告者の事業に従事しなければなりません。
青色事業専従者給与は、労務の対価として適正な金額ならば必要経費として認められます。
ただし、給与の支払いを受けた青色事業専従者は、控除対象配偶者・扶養親族にはなれません。
また、青色事業専従者給与として認められるためには、青色事業専従者給与に関する届出書を提出しなければなりません。
その提出期限は、給与を支払う年の3月15日(1月16日以後、新たに事業を始めた場合、もしくは新たに専従者がいることになった場合、その日から2か月以内)までとなっています。

この他にも、青色申告には純損失の繰越しと繰戻し他、様々な優遇措置があります。

CFPになるための試験には、このような青色申告の場合の税金の計算などが出題されています。
制度を活用して、顧客に満足してもらえるような提案をするために必要な知識の1つでもあります。
試験の勉強を通じて、知識や情報を活かし、ぜひ立派なCFPを目指してください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。